色彩検定1級

スポンサードリンク

カラーコーディネーターという言葉にあるとおり、色彩検定1級を取得できれば、色に関するシーンにおいては絶大なる存在感を示せるでしょう。
色彩検定1級は一次試験、二次試験を合格すれば取得できます。
合格率は厳しいところもありますが、独学でも十分合格する事が出来ます!

        プライバシーポリシー

スポンサードリンク

色彩検定1級って?

色彩検定とはAFTにより実施されている、色に関する幅広い知識や技能を問う検定です。今では文部科学省認定・後援の、 技能検定となっています。
色彩検定1級は一次試験、二次試験を合格した人が取得する事が出来ます。 カラーコーディネーターという言葉は最近耳にすることが多いかもしてませんがこれは国家試験のような資格の事を 指している訳ではありません。
これに対して色彩検定は技能検定として、知識、技術を要する資格として広く認知されています。

色彩検定1級は何に役に立つの?

色彩検定1級が実際どんな形で社会に必要とされているかはお分かりでしょうか?色彩つまり色に関係するシーンでは全てにおいて 技能が発揮できる場だと考えて差し支えありません。
例えば、インテリア、ファッション、グラフィックなどのデザイナー、最近ではネイルサロンのネイルストや、エステサロンなどの 店舗の内装イメージ、他にもコーディネーターとして、広告、商品などのブランドイメージや販促効果を狙った色彩戦略などで 活躍する場が増えてきています。
色には様々なイメージと効果を持っています。視界に入るもの全てに色彩検定の技能を活かすチャンスが広がっているでしょう。

色彩検定1級はどうすれば取れる?

色彩検定1級に受験資格はありません。ですから、どなたでも受験する事が出来ます。
色彩検定の2級、3級は年に2回試験が実施されますが、 色彩検定1級は冬場の1回しか試験は実施されません。そして1級に関しては一次試験と二次試験の両方に合格しなければなりません。
しかし、二次試験で不合格となっても、その後2年間は一次試験が免除となり、二次試験から受験する事が出来ます。 合格ラインは各級とも、満点のの70%前後になっているようです。
色彩検定1級の合格率は2007年度で35.1%、2006年度で26.6%と なかなか厳しい合格率となっています。

色彩検定1級の独学勉強法

色彩検定1級は独学でも合格できるのか?合格率を見ると声が小さくなってしまいそうですが、もちろん独学で合格する事は可能です。
今更ですが、何の試験、資格でも通信教育に入ったから、講座を聞いているからとか、学校に通ったからとかいろいろ聞きますが、それ自体が 原因で合格という事はないと思います。ユーキャンなどの通信講座だろうが、独学で合格した人だろうが共通して言えるのは、みなさん 努力をした結果だという事です。
さて、それでは努力は誰でも出来るのですが、やり方の上手い、下手というのはどうしても個人差があります。特に上手くない人の場合は、 順序たてて計画が出来ていない人が多いのではないでしょうか?まずは試験日から逆算して、試験までにどのようなペースでどのような分野を 勉強していけばいいかを、大まかなスケジュールを立ててみることです。
講座には入らなくても参考書くらいは買うでしょう。例えば、はじめはまず、分からなくても一通り最後まで読んでみる。次に大事なところを マーカーなどで記したり、記述したりして暗記できるようにしていく。
最後の方になったら、過去問題を実際やってみて、弱いところを復習したり、 実際の試験の時間の感覚などに慣れて、本番でパニックにならない準備をするといった感じです。

これは私の私見ですが、大抵の人はこういった資格は就職や転職といったお金を稼ぐ手段として学びますが、お金を稼ぐためにお金をかける というのは本末転倒な気がします。
話は変わりますが、最近サッカー選手になりたくてお金を払って本場のブラジルに留学したりする人がいますが、 現地の人からすると非常に不思議なようです。なんでお金をかけるのかと。要は情熱があれば、結果は出せるという事です。